背景画像

朝起きれない人へ 目覚めスッキリ応援サイト

朝起きれない方におすすめの対策法を徹底紹介!

メイン画像
Why not wake up in the morning?

どうして朝起きれないの?

どうして朝起きれないの? イメージ画像
スッキリ目覚めるには睡眠の質を高めることが重要!

「朝起きれない」「たくさん寝てもスッキリしない」という悩みを持つ方は多いと思います。こういった悩みを持つ方に多く見られるのが、睡眠の質の低下です。その原因は、生活習慣の乱れ・カフェインの摂りすぎ・激しい運動・就寝前のスマホやテレビ・夜ふかし・栄養不足・ストレスや不安・体内時計の乱れなど実にさまざま。睡眠の質が低下すると脳が十分な休息を取れないため、熟睡感がダウン。目覚めも悪くなり、朝起きれないという状況につながるのです。
当サイトでは睡眠に関する悩みを持つ方のために、生活習慣の改善方法やおすすめのサプリメントなどをご紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

Overcome Manual

朝起きれない人のための克服マニュアル

スッキリとした朝の目覚めを迎えるには、生活習慣を改善することが第一。眠る前に避けた方がよいこと・した方が良いことを理解し、心がけるようにするだけで、睡眠の質が一気に向上することもあるのです。スムーズな入眠と深い眠りを促し、気持ちよく目覚めるためにも、就寝前からの行動に気をつけていきましょう。
3時間前

カフェインの摂取・食事の時間に気をつける

食事をすると消化のためにエネルギーが使われてしまい、睡眠中の疲労回復に使われるべきエネルギーが不足。十分な休息が取れず、熟睡感も低下してしまいます。これを防ぐためにも、食事は就寝の3時間前までには済ませておくことが大切です。また、カフェインには脳の覚醒作用があるため、こちらも摂取を控えるようにしましょう。

1時間前

入浴を済ませ、目への刺激を避けるようにする

深部体温(身体の中心部分の体温)が上がった状態だと寝つきが悪くなるため、入浴は就寝の1時間前に済ませるのが◎。深部体温の低下とともに自然な眠気を感じるようになり、1時間後くらいにはすんなりと眠れるようになります。部屋の照明やスマホやPCなどの強い光を避け、目への刺激を少なくすることも大切です。

30分前

タバコ・アルコールの摂取を避けるようにする

アルコールやタバコは一時的なリラックス作用を持ちますが、しばらくすると覚醒作用が発現して眠りの質が悪くなってしまいます。そのため、就寝前の飲酒・喫煙は控えるようにします。また、朝に自然な光が差し込むよう薄手のカーテンにしたり、ノンレム睡眠・レム睡眠を意識して起床時間を設定することも重要です。

目覚め

陽の光を浴びて体内時計をリセットする

目が覚めたら、まず日光を浴びるようにしましょう。日光を浴びることで睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がストップ、セロトニンの分泌に切り替わって体内時計がリセットされます。ストレッチなどの軽い運動や、朝ごはんをしっかり食べることも大事。スッキリとした目覚めを促し、1日の活動性を高めてくれます。

Cause not wake up in the morning

朝起きれない原因はここにあり!

「朝起きれない」とひと口に言っても、その原因は人によって異なります。原因が違えば対策方法も違うため、まずは眠りの質を低下させる要因についてしっかりと知るようにしましょう。原因として考えられるのは、生活習慣・ホルモンバランス・体内時計・自律神経の乱れ。心当たりのあるものがあれば、即改善していくことをオススメします。

生活習慣の乱れ

夜ふかし・カフェインはNG

夜ふかしは体内時計を狂わせ、睡眠のリズムを乱すもと。眠りの質を低下させ、疲労回復効果もダウンさせてしまうので要注意です。また、カフェインの摂取量や運動習慣についても一度見直しておいた方がよいでしょう。

ホルモンバランスの乱れ

セロトニン不足を防ごう

睡眠ホルモンであるメラトニンの原料となるセロトニンが不足すると、寝つきが悪い・朝起きれないといったトラブルにつながります。セロトニン不足を防ぐために摂取したい栄養素や、生活習慣について知っておきましょう。

体内時計の乱れ

朝日を浴びることが大事

1日の生活リズムを作り出している体内時計は、朝日を浴びることでリセットされるのが特徴。これがリセットされないと、リズムが崩れて睡眠の質も低下してしまうのです。また、体内時計に関与するメラトニン不足にも注意。

自律神経の乱れ

ストレス・疲労を溜めないこと

自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、朝起きれないというトラブルにつながります。自律神経はストレス・疲労に大きく影響されるため、原因となるものをできるだけ取り除くことが大切です。

Improvement plan

朝起きれるようになる改善策とは?

朝のスッキリとした目覚めを促すため、意識的に摂取したい栄養素とその効果について解説しています。

朝起きれるようになる改善策とは イメージ画像

睡眠改善とスッキリ目覚めに
有効な栄養素を摂取する

睡眠改善には生活習慣を整えることが重要ですが、眠りを助ける栄養素の摂取も効果的です。栄養素の中には睡眠改善効果が報告されているものもあり、これらを摂取することで熟睡感・スッキリとした目覚めを促すことが期待できるのです。とくに効果が高いとされる栄養素をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

注目すごい成分テアニンとは?

テアニンとは、お茶に含まれるアミノ酸の一種。すべてのお茶に含まれている成分ですが、とくに玉露・かぶせ茶・抹茶などの高級茶に多く含まれています。

テアニンには、交感神経の活動を抑制してリラックス効果をもたらす働きがあります。テアニンが脳へ運ばれると、リラックス効果を持つセロトニンや快楽物質ドーパミンの分泌が促進。さらに30分後になるとα波の増幅が認められるようになり、ゆったりとリラックスした気分で眠りに入っていけるようになるのです。

また、リラックス状態になると筋肉の緊張がゆるんで血管も拡張。手足の末端まで血液が届くようになり、睡眠を妨げる冷えの解消にもつながります。その高い睡眠改善効果から、機能性表示食品の機能性関与成分としても注目されています。

すごい成分テアニンとは? イメージ画像
睡眠の質を高めるテアニンの摂取量は?

睡眠の質を向上するために摂取したいテアニン量は、1日200㎎。煎茶(湯のみ1杯分)に換算すると、約20杯になります。

テアニンの上手な摂取方法は?

テアニンの摂取は、就寝の1時間前くらいが目安。ただし必要量をお茶で摂取するとなると、カフェインの摂りすぎによる影響が心配。睡眠の質を妨げないためにも、サプリの利用が賢明です。

\ 他にもある!睡眠を改善する成分とは /

グリシン

深部体温を低下させて自然な入眠を促したり、ノンレム睡眠を増やして睡眠の質を改善するという働きを持っています。

トリプトファン

体内でセロトニンに変化し、夜になると睡眠ホルモンであるメラトニンへと変化。良質な眠りをサポートします。

ギャバ

神経の興奮を抑え、リラックス状態をもたらしてくれる成分。体内で不足しやすいため、継続した摂取が重要。

オルニチン

シジミに多く含まれる成分で、高い疲労回復効果を持つ成分。睡眠を妨げるストレスを軽減する働きも持っています。

メラトニン

夜間に分泌が盛んになる物質で、自然な入眠を促進。体内時計と連動し、睡眠と覚醒のスイッチを切り替える働きもアリ。

Supplement

朝起きれない人におすすめのサプリメント特集

睡眠改善効果を持つ栄養素は数多くありますが、十分な量を食材から取り入れたり、適切なタイミングで摂取するのは難しいものです。そこで積極的に利用したいのが栄養補助食品、いわゆるサプリメントです。サプリメントは睡眠改善に必要な成分がギュッと凝縮されており、それらを手軽に摂取できるのがメリットです。
機能性表示食品

リフレのぐっすりずむ

ストレス・疲労を緩和してスッキリとした目覚めを実現

深い眠りを促して熟睡感をアップ、スッキリとした目覚め・疲労回復をサポートするL-テアニンを200㎎配合。ストレスを軽減するギャバ、自然な入眠へと導くグリシンもプラスされています。

機能性表示食品

グリナ

深睡眠へと導く
グリシン配合のサプリメント

深睡眠まで短時間でたどり着けるよう、アミノ酸の一種であるグリシンを3,000㎎配合。深部体温を下げて自然な眠気を促し、寝入りばなに現れる深睡眠をすみやかにもたらします。

機能性表示食品

グッスミン酵母のちから

酵母の力で良質な睡眠に
アプローチ

独自開発成分「清酒酵母GSP6」を配合。ノンレム睡眠中に出るデルタ波を増幅させ、深い睡眠を促します。朝の目覚めもスッキリするため、1日の活動性が悪い方におすすめ。

機能性表示食品

爽眠α

天然成分で爽やかな目覚めをもたらすサプリ

起床時の疲労感を軽減するL-テアニンと、リラックス効果を持つクワンソウ・ギャバが爽やかな目覚めをサポート。全工程を国内工場で実施するなど、高い品質・安全性も特徴です。

ピースナイト

自然由来の成分で
高い品質・安全性が特徴

天然アミノ酸のギャバ・テアニン、ハーブの一種であるパッションフラワーが心身のリラックス度をアップ。自然と深い眠りに入れるようになり、睡眠の質を改善へと導きます。

バレリアン&ギャバ
ぐっすり時間

西洋ハーブ・バレリアン
によるストレス緩和効果

高いリラックス効果を持つ西欧ハーブ・バレリアンと、精神を落ち着けるギャバが精神面の安らぎをサポート。イライラや不安感を和らげ、ゆったりとした眠りを促します。

スムーズナイト

アミノ酸の力を活かした
快眠サプリ

休息アミノ酸として注目されるグリシンをはじめ、実感力にこだわった12種類の成分を配合した快眠サプリ。それぞれの働きが睡眠の改善に作用し、眠りの質を高めてくれます。

機能性表示食品

快眠サポート

睡眠改善の注目成分・
L-セリンを配合

睡眠の質を高めるアミノ酸の一種、L-セリンを主成分としたサプリ。睡眠を妨げるイライラやストレスを緩和し、ゆったりとした眠りを促します。吸収されやすいパウダータイプ。

ハーブでやすみん

ハーブの力で
心地よい眠りを実現

バレリアン・ラベンダーといった6種類のハーブが、心身をリラックスさせてやすらぎ感をアップ。朝のスッキリ感を促すコエンザイムQ10・ビタミンB群も注目の成分です。

プレミアム肝輝

オルニチン効果で
疲労回復度アップ

健康成分L-オルニチンと豊富なビタミン・ミネラルで、疲労回復効果をアップ。ストレスや疲労を感じることなくぐっすり眠れるようになり、睡眠の質が高まります。

機能性表示食品

テアニン快眠粒

テアニンで
寝つき・目覚めの悪さを改善

夜間の健やかな眠りをサポートするL-テアニンを200㎎配合。スムーズで深い眠りに必要な副交感神経を優位にし、熟睡感を高めてくれます。一過性のストレス緩和にも効果アリ。

リラクミン

天然のメラトニンを含む
不眠対策サプリ

タルトチェリーに含まれる天然のメラトニンで、不足しがちなメラトニンを補給できるサプリ。合成メラトニンと比べて依存性も低いため、安心して続けることができます。

サカナのちからB ベーシック

朝の目覚めを改善する
20種類のアミノ酸効果

魚の白身を酵素分解した魚肉ペプチドからできたサプリメントで、グリシン・トリプトファンといった20種類のアミノ酸を含有。睡眠改善だけでなく、毎日の健康づくりにも。

グリシンサプリ

スペシャルグレードの
グリシンを使用

国産のグリシンを利用した、安心・安全なサプリメント。キメの細かいスペシャルグレードの粉末タイプで吸収力も高く、グリシンの睡眠改善効果をダイレクトに感じられます。

スヤナイトα

アミノ酸とハーブの
不眠症対策サプリ

安眠に必要なアミノ酸であるギャバとトリプトファンをダブルで配合。さらに、バレリアン・カモミールといったリラックス効果の高いハーブで快眠をサポートします。

リラックスナイト

天然のハーブで
自然な眠りを促進

天然ハーブのクワンソウとラフマエキス、アミノ酸のギャバとグリシンが、穏やかな効き目で自然な眠気を促進。睡眠中の中途覚醒を防いで、爽やかな目覚めへと導きます。

リラックタイム

独自開発成分「ETAS」が
ストレスを軽減

独自開発した酵素処理アスパラ抽出物「ETAS」が、ヒートショックプロテインを増やしてストレス・疲労を軽減。寝つきや目覚めの悪さを改善し、睡眠の質を向上させます。

ビューティリラックス

美と健康をサポートする
栄養ドリンク

オリジナル特許素材であるアンドラティアが、不足しがちな栄養素を補って健康・美容をアシスト。栄養バランスの乱れによる体調不良や、不眠を防ぐ効果が期待できます。

機能性表示食品

ナトロール メラトニン

メラトニンを補給して
正常な睡眠リズムを確立

不足しやすいメラトニンを経口補給できるサプリ。メラトニンの吸収に欠かせないビタミンB6も配合されています。日本で販売されていないため、使用するには個人輸入が必要。

機能性表示食品

グリシンプレミアム

アミノ酸の働きで
スムーズな入眠を実現

1包あたり450㎎のグリシンが含まれており、深部体温を低下させてスムーズな入眠を促進。ギャバ・L-トリプトファン・L-テアニンといった、睡眠改善効果の高い成分も魅力です。

\ 睡眠の質を向上するために知っておきたいコト /

睡眠の質が下がると脳がしっかり休めず熟睡感がなくなり、朝も起きれず日中のパフォーマンスもダウンしてしまいます。それを防ぐためには、まず睡眠の質を低下させるもの・向上させるものについてしっかりと理解することが大事。間違った知識に基づいた行動では、いつまで経っても睡眠改善にはつながりませんよ。
ページの先頭へ